toppage
サイトメニュー
    メインメニュー
    更新メニュー
    検索
    RSS情報
    RSSを取得
 

クレイアニメーションを作ろう 5月~9月

ITを使った創作活動を行っている恵比寿ファンインでは、今回もクレイアニメ作りを行いました。

 参加者は6人ほどと少人数でしたが、スタッフともたくさんコミュニケーションをとりながらみんなで作品を作っていくことができたのではないかと思います。前回同様キャラクター設定を自ら行い、今回はなんとストーリーまで自分たちで考えました。

 私も一緒に考えていましたが、お話を作るのって私には簡単なことじゃなかったです。
が、参加してくれたみんなはどんどんお話を紡ぎだしていくんです!

「うさぎさんとお友達がいて、種が落ちていて、その種からは皆のほしいものがつぎつぎなるんだよ!」って、話してくれます。彼女たちや彼らの頭の中で育っていく世界、すごいですよね。

 みんなと作品を作っていて、その想像力・創造力・発想力に、たくさん楽しませてもらいました。楽しくて素敵なものを感じさせてもらいました。

みんな、ひとりひとり、感性やココロなどなど、ほんとに素敵なものをもっているんだなと感じる時間でした。

 スタッフも10代から30代まで男女ともたくさんのひとが関わってくれました。大人のスタッフでもこういった創作活動が好きな人がいて、子どもたちと張り合いながら(笑)いいアイデアを出し合って、一緒に作品を作っていました。

 一人の子が、作りたいキャラクターの一つでインコを模したものを考えていました。
が、インコのイメージがなかなかつかめずにいたのです。そこであるスタッフからインターネットを使って調べてみたら、という提案がありました。

 写真はその様子ですが、調べる過程でインコの生態についてや、数え切れないほどの色の種類があることなどなど、インコについてあらたな関心をもつきっかけになったようでした。

 インターネットなどは簡単に知識を手に入れられてしまうことが問題視されたりもしますが、こうやって関心や興味が広がっていくきっかけになるにはもってこいのものだなあと、とても当たり前のことですが改めて感じました。

 4か月という長丁場でみんなほんとうに頑張って、楽しんで活動に来てくれました。今回は何人かでグループになって活動し、2つの作品を作りました。

「すなおななすのさけび」と「ふしぎなたね」という作品です。

 今回は音を入れていません。参加者のみんなからは「音も入れたかった・・」という声がありましたが、時間の関係で。。。ごめんなさぃm(__)m

とても素敵にできています。ぜひご覧ください。

ながたにわかこ・うめはらまりこ