toppage
サイトメニュー
    メインメニュー
    更新メニュー
    検索
    RSS情報
    RSSを取得
 

身近にあるもので染め物をしよう!

2008 10/30 更新

学習クラブ 2008年9月20日の活動レポート

《身近にあるもので染め物をしよう!》


★学習クラブ活動日時:毎週土曜日の午前10時からやってます!

上原「学習クラブ」について

 上原の「学習クラブ」は毎週土曜日(行事などがある日はお休み)、上原社会教育館の図書室で行っています。平成20年の6月からスタートしました。(学習クラブの詳細はこちら

 大東文化大学や青山学院大学の大学生のスタッフが子どもたちと一緒に楽しみながら学ぶ時間を創り、地域の大人スタッフがそれを見守っています。

 スタッフの大学生は活動が始まる30分くらい前から、準備やミーティングを行っています。(写真)その後、子ども達がやってきます。
「おはよう」「今週はどうだった?」とスタッフたちと声を掛け合い、談笑したりしています。

 10時から40分ほどは自習の時間。子ども達は自分で持ってきた宿題やテキストをしたり、図書室にある本を読んだりして過ごします。けれど、無理に学習をさせることはありません。子ども達が自分からやりたいという気持ちや、一緒にやってほしいという希望があれば、声をかけます。
10時40分から少し休憩を取った後は週ごとにテーマの変わるさまざまな活動の時間です。

さあ!染め物をしよう!

 9月20日は「染めもの」を行いました!ガーゼハンカチやタオルなどをなんと、コーラやぶどうジュース!!を使って染めたんです!

 「そんなもので染められるのー!!」と子ども達。わたしも染め物をするのはとても久しぶりだったので、とても興奮して参加していました。


手順としては、

 1)みょうばんを水にとかしたもの、ブドウジュース・アセロラジュース・コーラを洗面器にそれぞれ準備します。

 2)ハンカチやタオルを輪ゴムで結び、どんな模様がつくのかを想像しながら模様を作ります。

 3)輪ゴムで結んだモノを洗面器のジュースなどに浸し、程よいところで引き上げ、みょうばん液に浸けます。それを水洗いし、乾燥させたらできあがり!

 「うめちゃん!うめちゃん!こうやって輪ゴムつけたら、こんな模様になったよ!!」

「わたしこんなにたくさん作ったんだよ!」

子どもたちはみんなとても活き活きして楽しそうに活動をしていました。私もとても楽しかったです。

今回のイベントを通して感じたこと

 スタッフの大学生はなにもかも最初から教えてしまうのではなく、次はどうしようか、と、子ども達の反応や自分からやりたいという意志を大切に尊重して進めていきます。

 急かされず、ゆったりとした空間で、自分の気持ちを大切にできること。 そして、楽しいことに出会ったとき、その「楽しい」という気持ち、「もっとやってみたい」という気持ちを存分に発揮できる場所で、自分の気持ちを大切にし、さらにお友達の気持ちも一緒に大切に感じられる場所。

 そして、普段の生活だけでは出会うことのないお兄さんやお姉さん、地域の方と関係を作り、もし辛いことがあったときに相談できる相手がこころの片隅にでも存在すること。

 スタッフにとっても、子どもと過ごすことが楽しいことはもちろん、普段の生活だけではできることのない関係を子どもや地域の方と作り、そこから学ぶことはとても多いそうです。

このように多くの世代の人が一緒の空間を過ごす。そこで過ごすみんなが、そのような場所で過ごすことを楽しいと思える。そんな場所が地域の中にあるということだけでも、とてもすてきなことではないでしょうか。みんなにとって楽しい場所を創っていきたいと思い、これからもスタッフみんなで協力していきます。

取材・文章・写真:ファンイン事務局 梅原真理子